5人に1人が不眠に悩み、15人に1人がうつ病にかかったことがあると言われるように、最近はこころの失調をきたす方が多くなり、 メンタルヘルスへの関心が高くなっています。私たちはこころの失調をきたした方に「根拠に基づくこころの医療」を提供しています。

具体的には、
ストレスを感じている方/不安やいらいらのある方/動悸や息苦しさを感じている方/いつも同じことが気になってしかたのない方/気分が落ちこんで気力のでない方/眠れない方・食欲や性欲の落ちた方/家族関係に悩んでいる方/会社や学校の人間関係に悩んでいる方/会社や学校に行けなくなった方 などが治療の対象になります。

  診察では精神的な面を中心にみますが、定期的に採血などで身体面のチェックを行ない、身体の病気を見逃さないようにしています。 精神面のチェックは医師の診察のみではなく、随時、臨床心理士が心理検査を行ない、病状を的確に把握し、治療に役立てるよう努めています。

  治療は薬物療法、精神療法などを行ないます。 薬物療法では最少かつ適切な薬物使用をこころがけています。薬物には有用性とともに有害性もあると考えるからです。 精神療法では話を聴きながら皆様方のこころの問題を整理していきます。

  診療は予約制をしいており、待ち時間を少なくすることをこころがけています。 また待合室も治療の場という観点から観葉植物、BGMなどを使い、知覚をとおしての「癒しの空間の実現」をめざしています。


院長 大島裕隆



昭和51年 名古屋市立大学薬学部卒業薬剤師免許取得
昭和58年 名古屋市立大学医学部卒業医師免許取得
昭和58年 名古屋市立大学病院精神科研修医
昭和60年 愛知県厚生連尾西病院精神神経科医員
昭和63年 名古屋市立大学病院精神科研究医
昭和63年 医療法人好生会三方原病院副院長(浜松市)
平成03年 同上院長
平成07年 名古屋市立大学医学部精神医学教室助手
平成11年 豊川市民病院精神科医長
平成14年 総合病院南生協病院精神神経科部長
平成16年 大島医院開院
精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医
日本医師会認定産業医
愛知県労災指定医

平成02年〜平成11年 名古屋市立西養護学校学校医
平成11年〜平成14年 愛知県立豊川養護学校学校医
平成15年〜平成16年 名古屋大学医学部医学科臨床講師


平成13年 名古屋市立大学医学部卒業医師免許取得
平成13年 名古屋市立大学病院精神科研修医
平成15年 総合病院南生協病院精神神経科医員
平成17年 岐阜県立多治見病院精神科医員
平成19年 医療法人一草会一ノ草病院医員(半田市)
平成23年 同上副院長
平成25年 大島医院副院長
精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医

平成20年〜平成25年 愛知県立半田養護学校学校医

ページトップへ